水道工事をする前に給水方式について理解しておく

多くの人は、水道から水が出るのは当たり前だと思っていますが、工事の依頼や事故などが起こった時のために、どのような方法で給水が行われているのかを、知っておかなくてはなりません。概要だけでも理解しておけば、いざという時に落ち着いて適切な行動が取れるようになります。

■2種類の給水方式

給水する方法は、直結給水方式と貯水槽水道方式に分類することができます。直結給水方式とは、給水管に圧力をかけるポンプなどを用意して、高い場所にある住まいにも直結給水する方式です。
貯水槽水道方式は、水道からの水を受水槽にためておいて、その水を高置水槽に移動させてから、水を使うような方式となっています。どちらの方式を選択するのかについては、用途や給水の高さ、使う水量などを検討して、利用者が決定できるようになっています。


■特徴を理解する

どのような方法で給水するかを決めるためには、それぞれの方式の特徴を理解しておく必要があります。直結給水方式は、水道の水を直接利用可能で、設置する設備を少なくするといったメリットがありますが、事故などが発生した時に水が使えなくなる可能性があります。
貯水槽水道方式は、断水が起こっても貯水槽に水が残っていれば、何時も通りに水が使えますが、貯水槽などの設備に関する設置やメンテンナスの費用が必要となります。



■まとめ
どの方式を選ぶかについては、内容を理解した上で後々のことまで考えて、慎重に工事業者に依頼しなくてはなりません。その他にも、水道 評判などの話題を耳にした時は、参考になる情報が含まれていないかをチェックすることも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ