引っ越しする時は水道の工事をする良い機会

引っ越しをする時は、住んでいた住宅での水道の使用を中止して、新しい住まいでの使用を開始するための手続きを行います。
手続きをするだけで問題がなければ良いですが、新しい住まいで不便を感じるようであれば、業者に工事をしてもらう必要があります。

■しっかりと水回りのチェックをする

新しく建てた住まいであれば、問題が発生することは少ないですが、築年数の古い建物の場合は、すぐに水道関連のトラブルが起こることもあります。引っ越してすぐにトラブルが起きないように、引っ越しする前に建物を十分にチェックすることが大切です。
引っ越しする前であれば、既に問題があったことが証明できますが、引っ越した後だと責任の所在があやふやになってしまいます。工事の費用を全額負担することにもなりかねませんから、水回りを含めて事前の点検を怠らないようにするべきです。


■住む前が工事をするチャンス

トラブル対応のための工事だけではなく、使い勝手が悪い設備を改善するための工事も、引っ越しする前にしておくのが賢明です。生活し始めると、業者に依頼して作業してもらうのも大変ですから、まだ生活を始めていない住まいで作業してもらうようにします。
誰も住んでいない建物であれば、比較的大規模な工事をしても、生活に支障が出ることもありません。問題になりそうな箇所を見付けた時なども、後々のことを考えて、業者に相談して見積もりをもらっておくようにします。



■まとめ
引っ越しするとなると、荷物の整理やいくつもの届け出が必要となるため、設備のことなどについて見落としてしまうことも多いですが、新居で快適な生活を始めるためには、細かい点まで慎重にチェックをして、適切な処置する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ